TOP > 会社案内 > 沿革

沿革

1959年 5月

大阪市東区森ノ宮において創業 (因野写真製版)

1970年 5月

大阪市城東区鴫野西2丁目16番8号、社屋・工場新設、移転

1971年 5月

社名変更、法人株式会社メインカラー設立、資本金200万円

1982年 9月

大阪市城東区成育3丁目17番22号、社屋・工場新設、移転(4階建700m2)

1984年 4月

メイン企画株式会社設立、大阪市城東区中浜3丁目26番1号

1992年 6月

本社社屋増設(3階建)

1999年 9月

CTP PT-R8000、DDCP SP8000導入、True Flow導入

2003年 5月

CTP PT-R8800、DDCP SP9000増設

2003年 8月

進捗状況管理システム導入

2003年12月

品質マネジメントシステムISO9001:2000年度版認証取得

2004年 2月

デジタルコンセンサスプロ導入(DDCP SP8000廃棄)

2004年 3月

メイン企画移転(大阪市城東区成育3-17-22/メインカラー 2F)

2006年 3月

東レ水なし平版自動現像機TWL-1160F(四六全判迄)導入

2006年 5月

メインカラー印刷事業部創設
KOMORI LITHRONE S26 菊半裁高速4色オフセット印刷機導入

2006年 8月

因野武夫 会長就任
因野利也 社長就任

2007年 7月

PT-R8800Z、MA-L8800導入 (PT-R8000/SP9000廃棄)

2009年 7月

デジタルコンセンサスプレミアム導入

2011年 8月

Canon iPF9100 大判プリンター導入

2012年 7月

FUJI FILM XR-2000 (現像廃液削減装置) 導入

2014年 4月

Falbard AQUA、EPSON PX-H10000導入

2014年12月

PT-R8900Z、MA-L8900導入 (PT-R8800廃棄)

2015年 8月

PRIMOJET導入

2016年 5月

デジタルコンセンサスプロ廃棄
デジタルコンセンサスプレミアム廃棄

2016年12月

Canon Pro6000S 大判プリンター導入

ページトップへ